FC2ブログ

--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11

04

コメント

CentOS 6.5 (64 bit) に php 5.6.2 をインストールしてみた

 以前同じような記事を書きましたが,対象が CentOS 6.5 の 64 bit 版になったこと,また,前回記事を書いたときは不勉強でディレクトリの作り方がよろしくなかったりした (参考: /usr/local とは何なのか - はてダ) ので,その訂正も兼ねて,再度記事を起こしてみました。

 記事が長くなったので,内容は別サイトの方に記載しました。

スポンサーサイト

07

06

コメント

CentOS 5.10 に PHP 5.5.14 をソースコードからインストールする

 CentOS 5.10 な環境に PHP 5.5.14 をソースコードからインストールしてみます。 おおよそ,目指す環境は以下の通り。

OSCentOS 5.10
コンパイラgcc 4.1.2 (古い……)
HTTPサーバapache 2 (インストール済み)
PHP インストールディレクトリ/usr/local/php-5.5.14 配下
設定ファイルのパス/etc/php 配下
PHP の動作モードapache のモジュール と cli

 現状,他バージョンの PHP はインストールされていないことを前提にしていますが,今後別バージョンをインストールしても,ファイルや設定が競合しないような構成にしていきます。

続きを読む

04

13

コメント

パスワードの保管方法

 パスワードの保管方法について調べている時に見つけた、ソフォスの記事。 サーバ側の話ですね。 復元可能な形で、ユーザ側(クライアント側)にパスワードを保存するのとはまた別のお話。

セキュリティの重要課題:ユーザーのパスワードを安全に保管する方法について

 あとでちゃんと読みなおします。

03

24

コメント

さぶみっしょん

 ものすごく長いこと放置しちゃいましたが、どっこい須良は生きています。

 実家に置いてきたメールサーバの設定をいじっていて、サブミッションポートへの STARTTLS の設定で躓いちゃいました。 結果的には、こちらのページを参考にさせていただいて無事解決。 備忘録としてリンクを残しときます。

10

16

コメント

simplate をインストールしてみた

 php テンプレートエンジンである simplate をインストールしてみました。 マニュアルを見る限り、インストールはとっても簡単そう。

$ wget 'http://sourceforge.jp/frs/redir.php?m=iij&f=%2Fsimplate%2F43613%2Fsimplate-X.Y.Z.tar.gz'
$ tar zxvf simplate-X.Y.Z.tar.gz
$ cd simplate-X.Y.Z
$ phpize
$ ./configure --enable-simplate
$ make ( or gmake)
$ sudo make (or gmake) install

 いくつかパッケージを放り込むことになったので、以下、それだけメモ。

続きを読む

ブログ内検索

プロフィール

須良

Author:須良
落ちてるネタを見つけては無駄に実践し、自己満足に浸る暇人。
いい加減、真っ当な生活をすることを考えないといけないと思い始めて久しい今日この頃。しかし、その兆しは一向に訪れる気配なし。
横文字のハンドルネームから漢字文字のそれに変わった様だが、いまだに自分の名前を間違えることが少なくない模様。

ブロとも申請フォーム

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。